開発工程について|コンビニエンスソフトウェアのご提案

開発工程について コンビニエンスソフトウェアのご提案

開発工程も見直しました。

コンピュータシステムの開発は、工程を段階に分け、その都度利用者と開発者の間で仕様を確認、摺りあわせして進めていきます。ソフトウェアという目に見えない製品の特質からくる問題を解決する為に、この方法にはこれまでも多くの研究がなされています。又、各開発会社ではその標準化の為に、多大な努力を払っています。しかし、実践はことのほか難しく、大きな会社になる程うまくいかないようです。

私共は開発ツールに合わせ、開発工程も柔軟に変えることができました。

従来の方法では解決できない問題があります。

総ての後工程は前工程の影響を受けます。これまでは「プログラム作成」という後工程に時間を要するため、「設計」という前工程でじっくりとシステムの性能を作り込む必要がありました。ところがこの重要な工程は、多くの場合、紙の上で目に見えないものを確認しあうという非常にわかりにくい作業です。このため、曖昧な点を残したまま見切りをつけ、次工程へ進むことになりそのことによる多くの問題が発生してきます。

まず、形でお見せします。

最初にプロトタイプ(試作品)を提示します。従来からの、目に見えないものに対する不透明な仕様確認という非能率な作業を削除しました。

完成後のシステムを鮮明にイメージして頂け、ご要望もより正確にお伝え頂くことが可能になります。特に、後で「こんなはずではなかった」ということがなくなります。

お客様はこの最初のステップで、コンピュータシステムは段階的に成長させることができるということをはっきりと確認して頂くことが出来るでしょう。

総ての作業を無駄にしません。

まれにやむをえず開発の見直しが必要になる場合が起こり得ます。その場合でも、(試作品)という早い時期のチェックポイントで、無駄になる作業が激減します。以前はシステムの全体が見えてくるのがずっと後になるため、勇気のいる決断ができず泥沼に陥ることが多くありました。その意味で試作品は、次回検討のための目的を達成します。

全員で、開発に参加して頂けます。

従来の設計(仕様書)では、お客様はよく解らないままに承認せざるをえず、その結果、システムが開発者に任せきりになりました。また、専任担当者の方の意見のみ反映され、後から他の人が「これではだめだ」ということも多くありました。私共の開発手順では、初期の段階から、関係者全員で機能をご確認頂け、ご要望もまとめ易くなります。

より深くシステム開発に参加して頂くことにより、無意識にシステム開発における欠かせない重要な機能と冗長な不要な機能を区別して理解頂くことができるはずです。

このご経験は結果的に、仕事の流れを合理的にスムーズに再構築することができると共にコンピュータシステムへの投資を最少にする最大の理由となります。

お礼

長い説明におつきあい頂きまして、ありがとうございました。初めてのお客様は、面倒なことを意識せず、お気軽にご相談下さい。

又、過去に失望しそうになられた方は、その時とのアプローチの違いをもう一度比較してみて下さい。

コンピュータをよきパートナーとして頂くため、「コンビニエンスソフトウェア」がお役に立てればと思います。

TOP